まずは31日間無料トライアルがおすすめです!

ゴジラvsデストロイア (ゴジラばーさすデストロイア)

: 1995年製作 監督:大河原孝夫 音楽:伊福部昭 脚本:大森一樹 製作:田中友幸、富山省吾 主演:林泰文、辰巳琢郎、石野陽子、河内桃子、村田雄浩、小高恵美、大沢さやか、篠田三郎、中尾彬、高嶋政宏
: ゴジラ
3.0 3.01件の口コミがあります

メルトダウン寸前のゴジラが香港に出現。極限に迫った壮絶な戦いが展開する

ゴジラvsデストロイア写真1 香港に出現したゴジラは、体内で発生した核分裂により赤く発光していた。このまま核分裂が暴走し続けると、ゴジラ自身が熱融解し、チャイナシンドロームを引き起こすことが判明する。

「ゴジラ死す」をテーマに企画された平成ゴジラ最終作。1995年作。

前作の舞台・バース島が、天然ウランが熱水に反応したために爆発して消滅。その影響でゴジラは、体内炉心の核エネルギーが不安定となり、体温が1,200度を超えるとメルトダウンを起こしてしまうことが判明する。その影響で、身体のあちこちが赤く光るゴジラはまさに満身創痍だ。そんなゴジラが返還直前の香港を襲撃するシーンは、実際の香港ロケが奏功し、これまでにない新鮮なビジュアルになった。

さらに、54年の「ゴジラ」を退治するために使用したオキシジェン・デストロイヤーの影響で誕生した怪獣デストロイアが現れ、ゴジラと死闘を繰り広げる。
『ゴジラ対デストロイア』(1995年)

『ゴジラ対デストロイア』(1995年)

山根博士の娘・恵美子を演じた河内桃子が出演するほか、シリーズ第1弾へのオマージュが満載。ゴジラを倒すのが“あの薬”というのも長年のファンにはたまらない。

ゴジラ DVD コレクション 5 [ (邦画) ]

サイト内を検索